横浜DeNAベイスターズ

【ヤマト爆神】2020.02.22 OP戦 DeNAvs楽天




ベイスターズの2020年オープン戦2戦目、今回もネット中継でしたが観戦の感想を書きます。

初戦の巨人戦の勝利に続き、今日も開幕に向けてのプラス材料となる試合となったのか!?

今日は楽天を宜野湾に迎えてのホーム開催。数年前まではこの時期にキャンプ視察と称して宜野湾に訪れ、他チームとの練習試合を観ていたのですが、ここ数年キャンプに行けていないので来年は久々に行きたいですね。

及第点は若手ピッチャーの制球と決め球

最初にスタメンはこちら

ベイスターズは当初オースティンが予定されていましたが右肘の張りということでロペスが6番ファーストに。
そして注目は2番ライト梶谷です
ピッチャーは前回の巨人戦で好投した櫻井。ラミレス監督の期待度の高さがうかがえます。

一方楽天の先発ピッチャーは松井裕樹。
去年のパ・リーグセーブ王が今年は一年目以来の先発に挑戦します。
そして2番にはロッテからFAで入った鈴木大地。
個人的にはベイスターズにほしい選手でした。(小声)


先に試合結果はこちら


まず櫻井の出来。前回の好投と違い、今日は先頭の小深田に一塁線を破るヒットを打たれると、ボール先行が続き、サインミスや牽制悪送球など不安な立ち上がり。
それでも柴田の好守もあり一回を無失点で乗り切り、立ち直りを期待しましたが何しろ球数が多い。
三回はコントロールが定まらずデッドボール&2四球から満塁押し出しを与え、続く銀次にタイムリーを浴び、結局3イニングで67球。
三回裏でベイスターズが5得点のビッグイニングで長めのインターバルがあったにも関わらず、四回は明らかにスタミナ切れでストライクが入らず3者連続四球。。
鈴木大地を何とかライトフライで打ち取ったところで交代。
四回途中87球8四死球。先発ローテ入りとしては課題の残る内容でした。

2番手は笠井。なんと初球ゲッツーで打ち取り見事な火消し。
ニコ生コメントで、笠井の火消しを「火災保険」と呼んでいたのはこれからも言われそうですね笑

四回途中から五回まで投げた笠井に続いて、3番手は砂田。
スクリューボールのキレが良く六回を完璧に抑えるも、七回はセカンド伊藤裕季也のゴロ後逸とファンブルの二度のエラー。。
リズムが狂うかと思われましたが、そこは流石の踏ん張りで無失点に抑えました。

八回は4番手進藤。佐野と同じ2016年ドラフトで進藤は8位、佐野は9位という、わざわざ下位まで手を伸ばした甲斐のあったドラフトです。
ストレートは140キロ代とまずまず。ですが追い込んでも決め球が決まらず甘く入り3安打&犠牲フライで2点を献上。
ちょっと去年と見た光景から変わっていない印象でした。

最後の九回は5番手齋藤。140km前半のストレートとキレのあるスラッターをテンポ良く投げ込んでいました。

スラッター
球種としての定義はないのですがスライダーように曲がり、カットボールのように球速の速いボールです。速球の軌道からカクっと曲がるため空振りも取れ、詰まらせてゴロに打ち取ることができます。

しかし進藤と同じように決める場面になるとコントロールが乱れてしまう部分がみられました。これだと相手バッターには勝負してくるかどうか見破られてしまうので、ここは課題です。
しかし最後はファールフライで打ち取ってゲームセット。

5失点となりましたが5人の継投で逃げ切りました。

仕上がりの良いベテランと甘さの目立つ若手野手

何よりも勝った要因は13安打9得点の打線。

松井を3回途中でノックアウトするなど今日は野手の活躍がたくさん光りました。

まずは初回2番の梶谷は初球からライト線への強烈な当たりで存在感を見せると、宮崎&ロペスの連続タイムリー。
梶谷の2打席目はフォアボールから見事に盗塁成功!

宮崎&ロペスは三回にもビッグイニングの引き金となる連続安打を放ちました。
またロペスは一死一三塁から柴田ゴロのゲッツー阻止を狙う三本間の走塁頭脳プレーは見事。ファーストレギュラーの座をそう簡単には渡してくれそうにありませんね。
助っ人内部でのポジション争いという嬉しい悩み。

そしてなんと言っても大和!大和!大和!
全打席ともコンパクトに振り抜き、1打席目2打席目ともにフェンス直撃のツーベース。
さらに3打席目では打った瞬間に入るとわかったレフトスタンドへのホームラン!
前の2打席のホームラン性の当たりだったので三度目の正直という感じでした。
でも去年は公式戦でホームラン出なかったんですよね。今年は期待していいですか!?

また先発マスクの伊藤光も四球を選んだりフルカウントからファールで何球も粘って球数を放らせるなど3打席で計24球!
相手バッテリー泣かせの仕事をしてくれました。

そしてもう一つ、守備から入った楠本の初球打ちがバックスクリーンへ!
去年はオープン戦首位打者で注目を集めるもペナントレースではまだ一軍で通用しない課題の多さが目立ちました。
でもプロ入り初ホームラン(逆転グランドスラム)を現地で観ていたので、今年はさらなる成長を期待したいです。

あと、途中からショートに入った百瀬もいい守備をしていました。あとは打席のチャンスでアピールを期待します!

はい、ということで野手は全般的に良かったのですが、今日のマイナスは裕季也の守備ですね。。

最近の若い選手はよく指摘されるのですが守備の際の腰の位置が高いですね。そうすると捕球時に顔を下に下げざるをえず、体も少し後ろに引いてしまします。打てるセカンドとしてスタメンが期待されいているだけにもったいない試合でした。

また神里がしれっと牽制に引っかかって走塁死していたのですがリードオフマンとしてはいただけないですね。。

本日のまとめ


オープン戦であれ連勝スタートは気持ちいいです。

しかし不安要素としては今年のブルペン入りが期待される進藤と齋藤の決め球、そして櫻井は今日の内容と球数ではローテ入りは判断に悩みます。ラミレス監督も試合後のインタビューで「起用法を考えないと」と言っているようです。

あと野手は宮崎、ロペス、大和、光と実績のある選手が仕上げてきているということ。

それに比べて佐野もまだオープン戦のヒットも出ず、裕季也の守備、神里の走塁と若手の元気とアピールが欲しいですね。


明日は北谷で中日戦ですね。応援頑張りましょう!


こちらの記事もあわせてどうぞ


-横浜DeNAベイスターズ
-, , , ,

Copyright© ナナヨミ ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.