横浜DeNAベイスターズ

2021年ベイスターズ主力選手年俸予想【投手編】

こんにちは。

まず、ソト選手のベイスターズ残留が決まりましたね。

3年契約で7.5億円とか8億円とも言われていますが、ソト選手にとっては「3年契約」というのが大きかったのではないでしょうか。

出来高もあるでしょうが、単年にすると2.5億〜2.7億円ですね。
過去3年の成績を見たら近年の助っ人としては安いくらいです。
(阪神のロサリオは3億円だったし…)

それにメッツから2年10億円の契約を蹴って残留したとの報道もあります。
真偽はともかく、残留してくれたことはひとえに「横浜愛」ですね。

主力投手の今季成績に基づく来季年棒予想

さて、前回は主力野手の契約更改予想を書きました。
2021年ベイスターズ主力選手年棒予想【野手編】

今回はまだ契約更改していない主力投手たちの来季年棒予想をしたいと思います。
※助っ人選手はここでは省きます。

予想の対象とするのは今季30投球回以上の投手です。
まずは今季の年棒から。

2020年 推定年俸 高い順  ※()内は役割
⚾️山﨑 康晃(中抑) 3億5,000万円
⚾️今永 昇太(先発) 1億3,600万円
⚾️三嶋 一輝(中抑) 8,100万円
⚾️石田 健大(中継) 7,000万円
⚾️井納 翔一(先発) 6,100万円
⚾️濵口 遥大(先発) 5,500万円
⚾️国吉 佑樹(中継) 4,400万円
⚾️上茶谷大河(先発) 4,300万円
⚾️大貫 晋一(先発) 2,530万円
⚾️平良拳太郎(先発) 2,100万円
⚾️武藤 祐太(中継) 2,000万円
⚾️坂本 裕哉(先発) 1,265万円  ↗︎1,645万円で契約更改済み
⚾️平田 真吾(中継) 1,260万円
⚾️伊勢 大夢(中継) 1,000万円

坂本選手は既に契約更改を終えておりますので、今回は坂本選手を省いた12選手が対象となります。

トップはもちろん山﨑投手の3億5,000万円!
これ、今永・三嶋・石田・井納の4投手を合計すると3億4,900万円となり、これで追いつく計算になります。改めてすごいですね。

そして今季成績はこちらです。

2020年シーズン登板成績
⚾️山﨑 康晃: 38.0回・0勝3敗・6S・8HP・防御率5.68
⚾️今永 昇太: 53.0回・5勝3敗・防御率3.23
⚾️三嶋 一輝: 47.2回・3勝1敗・18S・8HP・防御率2.45
⚾️石田 健大: 42.2回・1勝4敗・26HP・防御率2.53
⚾️井納 翔一: 89.0回・6勝7敗・防御率3.94
⚾️濵口 遥大: 78.1回・6勝5敗・防御率4.60
⚾️国吉 佑樹: 46.0回・3勝4敗・13HP・防御率3.13
⚾️上茶谷大河: 59.0回・2勝3敗・防御率4.12
⚾️大貫 晋一:113.2回・10勝6敗・防御率2.53
⚾️平良拳太郎: 83.1回・4勝6敗・防御率2.27
⚾️武藤 祐太: 31.1回・0勝1敗・防御率7.47
⚾️坂本 裕哉: 46.0回・4勝1敗・防御率5.67 ※参考
⚾️平田 真吾: 44.1回・1勝1敗・11HP・防御率2.84
⚾️伊勢 大夢: 35.0回・3勝1敗・7HP・防御率1.80

今季は2年目の大貫投手が2桁勝利を達成してくれました。

そして思い出されるのがFA宣言をした井納投手も2年目で2桁勝利でした。
同じ右腕で社会人出身。背番号も連番だし、1〜2年目で「宇宙人」「豆苗」とニックネームを付けられ、さらには体型的にもヒョロっとしているので、なんとなく2人を重ねて見てしまいます。


そして中継ぎと抑えについてももちろん触れないとですね。

山﨑投手がわずか6セーブで守護神の座を降ろされますが、急遽代わった三嶋投手が本当に代役とは思えない気迫のこもった抑えのマウンドを見せてくれました。

また三嶋投手の空いた勝ち継投の穴を石田投手はじめブルペンが一丸となって全員でカバーしながら今シーズンを戦い抜きました。
今シーズンに敗戦処理なんていませんでした!いませんでした!いませんでした!

2021年主力投手の年棒予想はこれだ

山﨑 康晃  0勝3敗・6S・8HP・防御率5.68

3億5,000万円 ↘︎3億円(−5,000万円)
6年目にして試練の年となりました。必殺のツーシームのキレが悪く、それに伴いストレートの球威もコントロールも落ちました。体重の問題など色々と言われていますが、それも含めて開幕までの調整に問題があったのでしょう。
抑えの座は三嶋投手に譲りましたが、中継ぎに回ってもある程度の数の登板をしているため評価が難しいところ。5,000万円ダウン(14%ダウン)が妥当なところでは。

今永 昇太  5勝3敗・防御率3.23

1億3,600万円 ↘︎1億1,600万円(−2,000万円)
ベイスターズのエースとして、また侍ジャパンの左のエースとして臨んだ今季でしたが、持ち味の変化球のキレを欠き5勝止まり。その要因であった左肩のクリーニング手術を受けるなど、チームとしても計算外のシーズンでした。もちろん本人が一番悔しがっていることでしょう。15%ダウンで来季の復活に期待しましょう。

三嶋 一輝  3勝1敗・18S・8HP・防御率2.45

8,100万円 ↗︎1億2,200万円(+4,100万円)
打のMVPは佐野選手ですが、投のMVPは三嶋投手です。
今まではクールに投げるイメージの強い三嶋投手でしたが、守護神になってからのあの気迫のこもったピッチングとマウンド上で醸し出すオーラが別人そのもの。佐野選手と同じように「役割が人を育てる」というのを三嶋投手にも感じました。
また元々荒れ気味だった制球も安定し、シーズンの最初から抑えをやっていればタイトルも狙えたのではないかと思います。これで大台突破間違いなし!

石田 健大  1勝4敗・26HP・防御率2.53

7,000万円 ↗︎1億1,000万円(+4,000万円)
選手会長として、またブルペンのまとめ役として今年もフル回転してくれました。石田投手本人としては先発復帰を目指してキャンプを迎えたと思うのですが、じっと我慢してチームのために中継ぎとしてその責務を果たしてくれました。
8回にマウンドに上がった時の安心感はパットン・エスコバー両外国人投手よりもありましたね。晴れて大台突破です。

井納 翔一  6勝7敗・防御率3.94

6,100万円 【FA宣言】↗︎8,500万円(+2,400万円)×3年契約
「権利を得たから使った」という井納投手らしいFA宣言。
成績を見れば良くて1,500万円アップというところですが、FA宣言をしたので8,500万円に。もし他球団で獲得したい球団があれば1億円は出すと思いますが、年齢を考えても1億で複数年契約は厳しいのではと思います。ベイスターズの誠意としては3年契約提示で井納投手がどう判断するかではではないかと考えます。

濵口 遥大  6勝5敗・防御率4.60

5,500万円 ↗︎6,500万円(+1,000万円)
オープン戦や練習試合では調子が良かったので2桁も期待していいましたが、終わってみると6勝止まり。完投する能力もあるのに本来の持ち味が発揮しきれないシーズンでした。
とは言えローテーションは守ってくれたので1,000万円アップというところでしょうか。

国吉 佑樹  3勝4敗・13HP・防御率3.13

4,400万円 ↗︎5,500万円(+1,100万円)
昨年の一軍定着に続き、今年も一軍で頑張ってくれました。
「隙あらば国吉」みたいにリードでもビハインドでも登板する便利屋みたいな使われ方でしたが、調子を落とすこともなくタフな投球でしっかりとブルペンを守ってくれました。

上茶谷大河  2勝3敗・防御率4.12

4,300万円 ↘︎4,000万円(−300万円)
2年目のシーズン。右肘の炎症で開幕に間に合わずに出遅れ、復帰してからも5回あたりで投球のリズムが悪くなるなどルーキーイヤーとは違ってさまざまな弱点も見えました。これは来季への課題として成長の糧となってくれるでしょう。年棒と成績を見ると微減となるでしょう。

大貫 晋一  10勝6敗・防御率2.53

2,530万円 ↑5,000万円(+2,470万円)
2年目のジンクスを破る2桁勝利を達成!
何といってもイニングを重ねても低めに集められる制球力の良さですね。また「豆苗」というニックネームですっかりベイスターズファンの人気も獲得しました。
倍増でよろしくお願いいたします。

平良拳太郎  4勝6敗・防御率2.27

2,100万円 ↗︎3,000万円(+900万円)
巨人からFA人的補償でベイスターズに移籍して、はや4年目を迎えました。
元々ポテンシャルの高い投手でしたが、ようやくその才能が開花。開幕当初はハーラーダービーでトップとなりましたが、背中の違和感で途中離脱となり結局スタートダッシュの4勝止まり。シーズン通してローテーションを守るにはまだ課題もあるのかなと感じますが、そのピッチング自体は来季も期待できますね。

武藤 祐太  0勝1敗・防御率7.47

2,000万円 ↗︎2,400万円(+400万円)
昨年までは主にビハインド時や敗戦処理での使われ方でしたが、今季はブルペンデーの先陣を切ったり、一点差を争う場面での起用など、その役割が一気に広がりました。中日を戦力外になったとは思えないほど重宝するピッチャーですね。キャンプインの時は一気に身体が細くなり驚かされましたがシーズンに入り試合数とともに元に戻りましたかね。

平田 真吾  1勝1敗・11HP・防御率2.84

1,260万円 ↗︎2,200万円(+940万円)
ベイスターズファンにとっては平田投手への思いというのは良くも悪くも(悪い方多め)色々ありますね。社会人から即戦力で入団するも毎年一軍での結果が出せずに背水の陣で迎えた7年目。ランナーを背負うと制球を欠く今までの姿が嘘のように落ち着いたピッチングを見せてくれました。来季も今季の調子を維持したまま、そして年齢的にもブルペンの支えとなっていって欲しいと思いますsekine

伊勢 大夢  3勝1敗・7HP・防御率1.80

1,000万円 ↗︎1,700万円(+700万円)
今年はファームから若手投手陣のの突き上げが見られなかった中で、ルーキーとしては堂々の安定したピッチングを見せてくれました。一年目からこれなら来季以降も期待できますね。年棒は坂本投手との比較で迷いましたが登板数や防御率でみると伊勢投手の方がアップ幅は多いと考え、結果金額的に坂本投手と並ぶ形になります。


いかがでしたか?

今回予想の対象としたのは今季30投球回以上の投手のため、本来主力である三上投手や砂田投手は外れました。恐らく減俸が予想されますが、ここでは書かないことにしましたのでご了承ください。



応援クリック
にほんブログ村 野球ブログへ

こちらの記事もあわせてどうぞ

-横浜DeNAベイスターズ
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ナナヨミ ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.