横浜DeNAベイスターズ

ベイスターズ歴代 億超え日本人プレイヤー一覧

こんにちは。

巨人の菅野投手が今季のMLB移籍を断念。国内残留を決断し、来季からの年棒は10億円を超えることがわかりました。

ついに日本球界に10億円プレイヤーの誕生です。

ベイスターズ歴代の億超え日本人プレイヤーを振り返る

さて、ベイスターズでの歴代最高年棒と言えば、メジャーから帰ってきた大魔神・佐々木主浩投手の2005年シーズンの6億5000万円ですね。

その次が筒香嘉智選手の2019年シーズンの4億円となります。

ちなみにベイスターズでの最初の日本人1億円プレイヤーは1994年シーズン駒田徳弘選手の1億2000万円です。

もっとちなみに、横浜で初の1億円プレイヤーは大洋ホエールズ時代の1991年シーズンにおけるレイノルズ選手が1億6900万円ということだそうです。

そこで今回は、ベイスターズの歴史の中で億超えの日本人プレイヤーが過去に何人いたのかを調査し、その選手の最高年棒額も含めた一覧のリストを作ってみました。
全部で34人います。
※ホエールズ時代に日本人選手での億プレイヤーがいなかったので丁度よくベイスターズ以降になります。

ベイスターズ年棒1億円超え日本人プレイヤー一覧


(★付きがDeNA以降に到達した選手です)

選手名投/野最高年棒額シーズン
1佐々木主浩6億5000万円2005
2筒香嘉智★4億円2019
3山﨑康晃★3億5000万円2020
4清水直行2億8000万円2010〜2011
5村田修一2億6000万円2010
6石井琢朗2億5000万円2001〜2003
6斎藤 隆2億5000万円2003
6三浦大輔2億5000万円2010〜2011
9鈴木尚典2億2000万円2005〜2006
10内川聖一1億7000万円2010
10宮崎敏郎★1億7000万円2021
12駒田徳弘1億6000万円1999
13谷繁元信1億4000万円2000〜2001
13佐伯貴弘1億4000万円2006
15今永昇太★1億3600万円2020
16金城龍彦1億3500万円2006・2008
17梶谷隆幸★1億2800万円2018
18野村弘樹1億2500万円1999〜2000
18中村武志1億2500万円2002〜2004
18種田 仁1億2500万円2006
18久保康友★1億2500万円2014
22小宮山悟1億1000万円2000〜2001
22若田部健一1億1000万円2005
22多村仁志★1億1000万円2013
22伊藤 光★1億1000万円2019〜
22三嶋一輝★1億1000万円2021
27三上朋也★1億500万円2019
28川村丈夫1億円2000
28波留敏夫1億円2001
28相川亮二1億円2008
28仁志敏久1億円2008〜2009
28大家友和1億円2011
28山口 俊★1億円2012
28大  和★1億円2018〜

以上になります。

2億超えになるとベイスターズのレジェンド揃いです。

石井琢朗・斎藤隆・三浦大輔という1998年日本一の立役者が2億5000万円で並び、その一歩上を行ったのが村田修一選手です。

もちろん内川選手のようにベイスターズ時代の最高は1億7000万ですが他球団へ移籍してから年棒が跳ね上がった選手もいます。

DeNA以降の生え抜き億超えプレイヤーは7人

全体的な印象を述べるとDeNA以降の億超えプレイヤーが少ないです。

DeNAになってから今季で10年目のシーズンになりますが、生え抜き選手はわずか7人。(多村選手はホークスからの移籍とみなしカウントせず)

高額年棒選手がほとんど助っ人なのはやはり暗黒ベイスターズの歴史が今もなお残っていることが見てとれます。

2億円以上も筒香選手と山﨑投手の2人です。
鈴木尚典選手の最高が2億2000万円なので、個人的には宮﨑選手にここを目指して抜いてもらいたいですね。


これを巨人で作れば、もちろんFA移籍組が多いですが億超えの日本人プレイヤーなんてベイスターズの何倍も長いリストになるでしょう。

このリストで一番古いのは1999年の駒田選手と野村投手でもう20年以上の月日の差があり、年棒の相場も変わっています。
早くDeNA生え抜きの選手の名前でこのリストを埋めて欲しいですね。
もちろんFA移籍の選手もお待ちしています。



応援クリック
にほんブログ村 野球ブログへ

こちらの記事もあわせてどうぞ

-横浜DeNAベイスターズ
-, ,

Copyright© ナナヨミ ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.