横浜DeNAベイスターズ

【独自提案】細川成也を1番打者で積極起用する

こんにちは。

昨季イースタンリーグで本塁打、打点、出塁率でトップとなり、今季一軍でのブレイクが期待される細川成也選手。

自主トレはなんとレッズ秋山翔吾選手と一緒に行っていたようです。
というか秋山選手とやるの今年で3年連続なんですね、知らなかった。。

今季、細川選手を起用するべき打順

昨年からメジャーリーガーの秋山選手に対し、細川選手は打撃について質問攻めしたようです。

細川選手取材コメント
「対投手の考え方、打席に入る時の意識。メンタル面や準備段階のことで色々と聞けました。(技術面では)1軍でファウルになることが多かった。ティー打撃から打つ面を長く取って、ファウルにしないように自主トレしてきた。秋山さんに聞いたりして、自分の中で手応えがある感じです」

さて、梶谷選手がFAで巨人に移籍し、ベイスターズのリードオフマンの後継者は誰かという話があちこちで行われています。

大方の予想としては脚のある神里選手、また打撃が復活すれば桑原選手になると思います。

しかし、秋山選手が西武でリードオフマンだったように、細川選手も1番に据えるという選択肢もあるのではないかと思います。足は期待できませんが。。

上述の通り、細川選手は5年目の昨季ファームでは文句なしの成績を残しました。

今季は年齢的にも一軍でしっかりと結果を出して実力でレギュラーを掴むシーズンです。

とはいえ下位打線からレギュラー入りして打順を高めていくような段階でもありません。

細川選手に何が必要かと言えばまずは一軍での「打席数」でしょう。

そこで今季に限り細川選手を起用する際はあえて1番に据えて打席数を多く与えてみてはいかがでしょうか?

1番細川選手を想定したオーダー
(右) 細川
(中) 神里
(一) ソト
(左) 佐野
(三) 宮崎
(捕) 戸柱
(遊) 大和
(二) 柴田
(投)

これは左右病にはたまらないオーダーですね。

それに今季から9番をピッチャーに戻すのであれば、なおさら1番バッターに求められるのは長打ではなく、しっかりとヒットを打つことです。

ヒットが量産できるようになれば打点とHRは後から付いてきます。

細川選手とレギュラー争いをするのはこの選手

それでは細川選手とレギュラーを争うライバルは誰か?

それは神里選手や桑原選手、また楠本選手などでもなく、オースティン選手との競争になります。

もちろん最初はオースティン選手が万全であればレギュラー起用となります。

しかし佐野選手が代打起用でチャンスを掴んだように、しっかりと途中出場で結果を残せれば、細川選手にとって外野レギュラーの壁はそこまで高くないレベルに来ていると思います。


細川選手は「ファウルにしないように自主トレしてきた」と語っています。

細川選手は佐野選手の後を継ぐ4番候補ですが、まずはプレッシャーのかからないポジションで一軍の投手相手に自分のバッティングをさせるのです。

1番バッターが三振を恐れて当てにくるのではなく、クリーンナップのように思い切りスイングしてきたら相手バッテリーにとっては脅威ですね。
梶谷選手のように一発の可能性も考えながら配球をする必要が出てきますので、自然とフォアボールも多くなり出塁率も高くなるかもしれません。

ベイスターズのクリーンナップは佐野選手、宮﨑選手、ソト選手、オースティン選手とメンツが揃っているように見えますが、ロペス選手も退団したことで打撃面でのバックアップは手薄です。
この4人がシーズン通してフルで出場できることをあてにしてはいけません。

ここで細川選手が1番で結果を残せるようになれば、クリーンナップの誰かが離脱したとしても穴埋めができます。


昨季1軍では19試合に出場し、打率.235、1本塁打、1打点にとどまりした。

細川選手自身は「出られるのであれば、どこでもやるつもりです。ここというのはないです」と1軍定着を目指すコメントを出しましたが、細川選手の成長が少なくとも新生三浦ベイスターズの大きな推進力になることでしょう。

もし、細川選手が開幕戦で1番バッターになったら、開幕先頭アーチの可能性も高くなります。みたいですか?みたいです!

覚醒の時はすぐそこに。



応援クリック
にほんブログ村 野球ブログへ

こちらの記事もあわせてどうぞ

-横浜DeNAベイスターズ
-, ,

Copyright© ナナヨミ ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.