横浜DeNAベイスターズ

開幕戦の先頭打席こそ三浦ベイスターズの決意表明

こんにちは。

今日からオープン戦が始まり、いよいよ開幕の足音が近づいてきましたね。

我らがベイスターズの開幕は巨人戦@東京ドームです。
そして、巨人は菅野投手が開幕投手を務めることが発表されました。

ここで重要なことは開幕戦で三浦ベイスターズをしっかりとアピールすることです。
相手は菅野投手ですが臆することなく勝負する姿勢を見せることが、ベイスターズファンに対しても、相手チームに対しても、三浦ベイスターズの決意表明となるのです。

先頭梶谷選手に相対するベイスターズ開幕投手は?

まず開幕戦の注目と言えばベイスターズから巨人へFA移籍した梶谷選手でしょう。

練習試合での成績も良いので開幕1番スタメンはもう固いと言えます。
それでは、この第一打席にベイスターズはどの投手をぶつけるのか?つまり開幕投手ですね。

現状では三浦監督の口からその言明はありません。
というか練習試合の成績からしてまだ決められる段階にないといった感じでしょう。


自分は平良拳太郎投手を推します。

平良投手はご存知の通り人的補償でベイスターズに来ました。しかしもうベイスターズ在籍年数の方が長いですね。そして昨年はそのポテンシャルがようやく開花しました。
とはいえ怪我もあり4勝止まりだったので今シーズンに賭ける意気込みは他の選手よりあるでしょう。
何より左バッターの梶谷選手と右のサイドスローの平良投手なので有利です。


しかし巨人としても開幕戦の先頭バッターは出塁させたいはず。
だからこそ、梶谷選手と平良投手のガチンコ勝負をして欲しいのです。
逃げるのではなく、しっかりと攻める。それが三浦ベイスターズの姿勢として見せてもらいたいです。


またそれを受けるキャッチャーについては恐らく戸柱選手が有力です。
ひとつは右の菅野投手に対して左打者だからです。
※これ前々から思ってましたがラミレス前監督が戸柱選手をメインに起用していた理由は単に捕手で唯一の左打者だったからという気がしてならないのです。

そして平良投手がサイドスローなので落ちる球種があまりないため、ブロッキングが多少苦手でも配球に定評のある戸柱選手が現時点では有力だと思います。

この平良ー戸柱バッテリーで逆に巨人に先制攻撃を喰らわしてやりたいです。

菅野投手に相対するベイスターズ先頭バッターは?

先制攻撃と言っても巨人の攻撃は裏なので、実際には表のベイスターズの先頭打者が事実上の開幕先頭バッターとなります。
となると、もう一つの注目はベイスターズの開幕1番バッターです。

右の菅野投手ですから、恐らくベイスターズのスタメンは左バッター中心ではないかと考えます。


そこで、先頭バッターとして田中俊太選手を推します。

これはインパクトありますよね。
だって巨人にとっては梶谷選手のFA人的補償で放出した田中選手が先に先頭打者としてバッターボックスに入るわけですから。

それに単に話題性だけで言っていません。
リードオフマンの候補としては同じく左打者の神里選手もいますが、練習試合の内容を見るに田中選手でも充分に務まると言えます。

ここでも菅野投手に対して粘る打席を見せて欲しいです。
今までのラミレス野球のような初球から打ちにいく(には技術が要る)というよりかはヒットでなくても四球を選ぶなど、貪欲に出塁を狙ってほしいです。


この田中選手の打席内容が後に続くバッターに対して勢いをつける事になります。

なぜなら、若手主体のオーダーで臨むことが予想されるからです。
恐らく開幕にソト選手やオースティン選手ら助っ人は間に合わないでしょう。
もし来日できたとしても隔離期間や調整を考慮すると無理に開幕に出す必要はありません。

開幕戦でスタメンとなれば若手選手にとっては大舞台です。
田中選手の打席内容で「いける!」と思わせることが求められます。


ということで開幕投手は平良投手、1番バッターは田中選手で開幕を迎えることを提案します。
ともに巨人から人的補償で来た両選手が三浦ベイスターズ初陣の狼煙を上げて先陣を切ります。

開幕巨人戦?東京ドーム?助っ人不在?
昨年Bクラス、守るものは何もない。これを追い風にしましょう!

こちらの記事もあわせてどうぞ

-横浜DeNAベイスターズ
-, , , ,

Copyright© ナナヨミ ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.