横浜DeNAベイスターズ

牧の適正打順と桑原の猛アピール

こんにちは。

本日の日本ハムとのオープン戦、前の2試合無得点と沈黙していた打線が序盤に火を吹き、9-5で3試合ぶりの白星となりました。
まぁ9点取った割に11安打だったので序盤で終わってしまった感はありますが。

しかし、この助っ人不在のチームにとっては和製オーダーで勝つことが大きな収穫です。

さて、そんな今日の勝利の立役者は2名ですね。

2番?3番?ルーキー牧選手の使いどころ

一人目は何といってもルーキー牧選手

今日は2番セカンドに座り、3安打2打点と大活躍。
凡退の内容も進塁打だったので十分にその役割を果たしました。
セカンドとファーストができるので助っ人不在の開幕時はルーキースタメンの座もグイっと引き寄せたのではないかと言えます。


さて、一つ困った問題が発生しました。
それは牧選手の打順を何番に置くかです。

今日のバッティングであれば上位ではなく3番に置いてもいいかなと思います。

というのも、オープン戦に入ってから細川選手の打撃があまり好調でない。
今日はヒットこそでたものの、スイングを見てる限りだとまだ一軍のピッチャーにてこずる印象を持ちました。まだ牧選手の方が器用にバットコントロールができる印象です。


今シーズンのベイスターズは3番バッターが最も重要です。

なぜなら昨年首位打者を獲得できた佐野選手の成績には、前を打っていたソト選手やオースティン選手が大きく影響していたからです。

佐野選手は序盤はホームランがでませんでした。
そのため相手のバッテリーにとっては一発のあるソト選手やオースティン選手の方を要警戒していました。もし四球で出塁させても足が遅いため佐野選手に一発を食らわない限りはワンヒットではホームに戻ってこれないと。
また5番には実績ある宮崎選手やロペス選手がいたので、なおさら佐野選手勝負となりました。まぁ結果は佐野選手に見事に軍配が上がる格好で首位打者となったわけですが。

それを今年に当てはめてみると、一発警戒と考えると細川選手が3番に入るのが望ましいですが、まだ一軍での怖さはありません。

むしろ器用なバッティングをする牧選手が3番に入ることで、1.2番が出塁した場合に凡打でも進塁させくるかもしれない、ランナーなしでもコンパクトに単打で出塁するかもしれないと、相手バッテリーの警戒は細川選手よりも大きいと言えるでしょう。
佐野ー宮崎選手の前に座られて厄介だと思うのは牧選手かもしれません。

長打より巧打寄りの、今までのベイスターズの3番バッターにないタイプとして牧選手を抜擢してみるのはアリだと思いました。

その場合は細川選手は攻撃的2番に置いてみてもいいかもしれません。
しかし、進塁を求められるケースではしっかり送ってもらうことが三浦ベイスターズの野球です。

桑原選手の猛アピールで白熱する1番&外野争い

上記で2〜5番の話をしましたが、1番争いも白熱してきました。

今日はバッティングも良かったですが守備のヒーローは桑原選手です。

三浦ベイスターズの目指すものは「1点を取る」野球です。
それは逆に言えば「1点を守る」野球でもあります。
1点を与えない野球はバッテリーだけの問題ではありません。
やはりカープ菊池選手のように守備のスペシャリストがいると1点は守り切れます。

桑原選手は正直波のある選手です。
2016-17年にレギュラーを獲得できたのも、守備があってこそバッティングのリズムも冴えていました。近年の代打起用で結果が残せないのはここにあると思います。

外野守備ならセ・リーグでもトップクラスなのは誰もが知っています。
なので代打ではなく守備固めで出してから打席に入らせると好転するのではないかなと個人的には思っています。


また、桑原選手の比較対象がどうしてもタイプの近い神里選手になりますが、これ、細川選手の成績次第によっては佐野ー桑原ー神里の外野陣も考えられます。

実力で背番号1を勝ち取るも、背負ってからは番号に見合う成績を残せていないもどかしさはベイファンの誰もが知るところ。琉球の風に乗るのが神里選手なら、横浜の波に乗るのは桑原選手です。三浦丸にいい波を呼んで欲しいですね。

依然として固まらない開幕オーダー

1月の段階で「もしかしたら助っ人開幕に間に合わないんじゃなかろうか?」という疑問を持ちながら下記の記事を書いたら、的中しました。

その時の開幕オーダー予想は下記でした。

本命◎ 対抗○ 単穴▲ 

(中)◎ 神里( ○ 桑原)
(一)◎ 中井( ○ 佐野)
(右)◎ 細川( ○ 楠本 ▲ 関根 )
(左)◎ 佐野( ○ 乙坂 ▲ 蝦名 )
(三)◎ 宮崎( ○ 伊藤裕 ○ 倉本 )
(捕)◎ 戸柱( ○ 伊藤光 ▲ 嶺井 ▲ 高城 )
(遊)◎ 大和( ○ 倉本 ○ 柴田 ▲ 森 )
(二)◎ 柴田( ○ 田中 ▲ 牧 )
(投)


3/9時点ではこうしてみました。もう単穴はなしで。

本命◎ 対抗○ 

(右)◎ 神里( ○ 細川 )
(中)◎ 桑原( ○ 関根 )
(二)◎ 牧 ( ○ 柴田 )
(左)◎ 佐野
(三)◎ 宮崎
(捕)◎ 戸柱( ○ 嶺井 ○ 伊藤光 )
(遊)◎ 大和( ○ 柴田 )
(一)◎ 田中( ○ 中井 )
(投)


開幕2週間前にして決まっているのは宮崎ー佐野のレフトラインだけ。
捕手含めセンターラインはおろか、ライトラインも、開幕投手もローテーションも決まっていない=決められる段階にないという、開幕前にしてタフでエキサイティングな状況です。



泣いても笑ってもあと2週間。
三浦ベイスターズはすでに出航してますがまだ湾の中です。大黒ふ頭あたりです。
3/26の東京湾決戦まで我々ファンも楽しみにしながら開幕スタメン争いを見届けましょう。

-横浜DeNAベイスターズ
-, , , ,

Copyright© ナナヨミ ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.