横浜DeNAベイスターズ

負けるのは仕方ないが、気持ちが見えてこない

こんにちは。

巨人3連戦の最終戦はオースティン選手のタイムリーで8回に同点に追いつくも、勝ち越すことができず引き分けに終わりました。
今日も連敗脱出とはなりませんでした。なんと引き分けと勝利数が同じになったと言うね。。
今のチームの雰囲気を吹き飛ばすのはどんな形であろうと勝利以外にないので、引き分けでOKとかないです。

今日の今村投手もさすが完封しているだけあっていい投手でした。
なので、これでお分かりいただけたと思いますが、「菅野投手だから打てなくても仕方ない」と言うレベルではないですね。どんな投手が相手でも今のチーム状況では打てるものも打てません。

三浦采配評については色んな人が色んなことを言っています。
自分の意見もその雑多な中の一つなのですが、まず投手が打たれるのは仕方ない、打者が打てないのは仕方ないです。

自分なりにここまで三浦監督の采配を見てきて、打順の組み方や継投に関しては悪くないと思います。
打点の多い牧選手を2番に置いたり、得点圏打率の低い宮﨑選手を5番にしたり、そもそも佐野選手を4番にこだわらなくても、という意見もありますが、正直、戻ってきた助っ人も含めて、「みんな足が遅いのでどう組んでもあまり大差ない」気がします。。

ましてやセンター争いでは関根選手、桑原選手、神里選手をとてもバランス良く使っています。牧選手の打点が稼げているのは上位打線の活躍が大きいのはそれを証明しています。


では何が問題か。
やはり試合に入った時の采配の意図が曖昧です。

一番指摘されたのが神里選手を6番に置いたときにバントで進塁させ、打率の劣る大和選手・戸柱選手で凡退するあれですね。つまり得点圏にランナーを進める野球はできてきましたが、そこから犠打でも叩きつけでも1点を取る野球ができないのです。もちろん上述で打者が打てないのは仕方ないと書きましたが、見てるファンにとってはベンチの采配の意図がわかりづらいんです。

また代打の使い方がちょっと疑問かなと。ソト選手とオースティン選手を立て続けに代打に出して「え、終盤にとっておかないの?」とか、逆に特に変えても大差ない選手に送ってみたり「何となくここで使ってみました」的な印象が強いです。
うーん、ラミレス監督の采配はトリッキーな中でも意図が明快だったので、その対比で感じてしまうのかもしれませんが。

まぁ、いずれにしても投手出身の三浦監督だから攻撃の采配が騙し騙しな感じかしているので意図ば曖昧で結果も微妙になります。中継ぎの酷使については先発が引っ張れないのでそこは同情の余地ありな感じです。

なので、これで連敗を脱出してもまた連敗する空気なので、時間かかりますね。。

そうだ、あと選手に対してこれだけ。
三振したら、凡退したら、打たれたら悔しそうな顔をしてもいいのに、どうも気持ちを押し殺している感じがします。もっと感情を出してくれた方がファンにとってじゃ、たとえ負けてても応援する気持ちが入るってものです。ベンチの雰囲気はそんなに悪くなんだと思いますが、「なんか淡々としてクールすぎない?」と言う印象です。

これだけ負けていれば捨てるものなんてないので、もっと気持ちを前面に出した選手の姿が見たいですね。
マスク越してもそれは伝わります。

止まない雨はない。

横浜一心。

-横浜DeNAベイスターズ
-,

Copyright© ナナヨミ ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.