横浜DeNAベイスターズ

【私的分析】横浜DeNAベイスターズ群雄割拠2020 〜外野手編〜

横浜DeNAベイスターズのチームの顔そして主軸を務めた筒香嘉智選手が、ポスティング・システムにより2020年シーズンからメジャーリーグ タンパベイ・レイズでプレーします。

関連記事:【私的分析】筒香嘉智選手がメジャーリーグで活躍するために期待する2つのこと


キャプテンとしてチームの戦力的にも精神的にも絶対的支柱となっていた筒香選手の抜けた穴は確かに大きいです。しかしその戦力を埋めるのはソト選手?ロペス選手?または2020年シーズンより加入するタイラー・オースティン選手?

こもちろんチームの勝利のために外国人選手の補強は必要ですが、
やはり日本人選手に頑張ってほしい!

今回はベイスターズの日本人外野手争いに絞って自分なりに考察してみました。


ちなみに内野手編はこちらです。
【私的分析】横浜DeNAベイスターズ群雄割拠2020 〜内野手編〜



目次

  1. 外野の全ポジションに聖域なし
  2. ひと目でわかる期待の外野手たちの成績比較【8選手フォーカス】
  3. 開幕スタメン外野手に最も近いのはこの選手

外野の全ポジションに聖域なし

筒香選手の守備のポジションは主にレフトだったため、これで外野の1枠が空きました。
※2019年シーズンは正三塁手の宮崎敏郎選手の怪我による離脱で一時的にサードを務めました。

ですが2020年1月の時点で外野陣でレギュラーが確約されている選手はいないでしょう。つまり3つの全ポジションが穴、フラットで考える必要があります。

ラミレス監督の中である程度レギュラー起用を考えているのは宮崎選手とソト選手だけだと思われます。

2018〜19シーズン2年連続ホームラン王のソト選手は2019年は外野の守備機会が多かったのですが、2020年は本来のセカンドに加えファーストをロペス選手と争うことになるようです。

また新加入のオースティン選手も内野手争いに加わりますが、ピッチャー陣の開幕メンバーに、中継ぎのパットン投手とエスコバー投手を入れるとなると、助っ人4枠のうち野手は2人までになるのでソト選手が外野に回る可能性は少ないと予想されます。


さて、本題のベイスターズの日本人外野手争いについて。

まず2019年シーズンのベイスターズの戦いを見て思ったこと。
それは、若手選手の成長による控え野手の厚みが増しました。


ラミレス監督就任以降も指摘されてきたのは控え野手の層の薄さでした。

レギュラーは一流クラスでもシーズン中盤〜終盤にかけてレギュラーが怪我をして離脱したりバッティングの調子を落としてしまうと、取って代わるだけの控え野手がいないため踏ん張りきれずにシーズンを終えていました。

しかし2019年シーズン、レギュラー陣の好不調の波が大きい中、控えの選手の活躍によって救われた試合が何試合もありました。「新たなヒーローが誕生」という実況を何度も聞きました。

成績としてはギリギリでしたがDeNA史上最高の2位でシーズンを終えられたのはこの控え選手たちの活躍が本当に大きかったです。




ひと目でわかる期待の外野手たちの成績比較【8選手フォーカス】


まず、主な外野手8名をピックアップし2019年シーズンの成績とこれまでの通算成績をまとめてみました。

横浜DeNAベイスターズ2019年シーズン外野手成績
※2019年シーズン打席数の多い順

♯8 神里和毅選手

★2019年:打席数458、打率.279、安打数119、打点35、本塁打6、盗塁15

2年目の2019年シーズンは規定打席に到達し、リードオフマンとしての役目を果たしてくれました。

神里選手の魅力は脚ですが盗塁はまだ失敗することが多いのでここが課題ですね。

また打席でも3ボール2ストライクのフルカウントから、外角球か高めの釣り球で三振という場面も多くみられました。打つ意識が高いのは良いのですが1番バッターとしてはまず出塁するための自己犠牲も必要ですね。

守備の方ではビジター球場でフライが上がると、たまに守備位置の目測を誤っている動きがみられたので、ここも練習あるのみだと思います。


♯44 佐野恵太選手

2019年:打席数215、打率.295、安打数59、本塁打5、打点33

筒香選手から時期キャプテンを受け継いだ主軸候補です。

開幕直後は代打で4打数4安打、8打点をマークするなどサノ神と呼ばれる活躍。

宮崎敏郎選手の離脱時に筒香選手が2番に入った際には4番に座るなど、主軸にふさわしい力強く勝負強いバッティングが魅力です。

200打席以上で3割近くの打率を残せたのはその証ですが、キャプテンに任命されたとはいえまだラミレス監督の中ではレギュラーではない選手です。

チームの期待値は誰よりも高いので2月からの春季キャンプを通して、実力でクリーンナップに座れるように成長した姿を期待したいですね。


♯33 乙坂智選手

2019年:打席数179、打率.208、安打数39、本塁打2、打点17、盗塁6

同期入団の桑原選手が先にレギュラーを獲得したので悔しい気持ちは人一倍あったと思います。

2018年シーズンオフのメキシコのウインターリーグ参加を経て2019年シーズンの乙坂選手は本当に成長した姿を見せてくれました。

代打候補が数多くいる現在のベイスターズにあって与えられた数少ないチャンスを確実にモノにしました。特にCSファーストシリーズ第2戦のサヨナラホームランは乙坂選手の成長の総決算でした。

守備でも球際の強さを発揮し何度もピッチャーを救ってくれました。特に神宮球場でのヤクルト戦、9回裏2死満塁からレフトに飛んだ打球をダイビングキャッチし濵口遥大投手を完封勝利に導いたプレーは現地で見ていましたが鳥肌が立ちました。

2019年シーズンの成長を糧にしてレギュラーを掴んでほしいですね。

実はDeNAになってから自分が最初にサイン色紙を手に入れたのは乙坂選手でした。
直接もらったのではなく福袋で当てたのですがその当時から背番号33に注目していました。
プロ初打席となった千葉マリンスタジアムでのライトポール際のホームランも現地で観ていて今もはっきりと光景が記憶に残っています。


♯1 桑原将志選手

★2019年:打席数115、打率.186、安打数19、本塁打2、打点7、盗塁2

ラミレス監督就任後、レギュラーの座と背番号1を掴み取りベイスターズ成長の原動力となりました。

魅力は速球に負けずに食らいつくバッティングですね。相手チームの抑えの外国人投手から放った逆転ホームランなど、決勝点に絡むバッティングが印象的です。

それだけにここ2年間はバッティングの結果が残せず、守備固めでの起用が中心でシーズンを終えてしまったことは本当に悔しいの一言に尽きます。

外野守備に関してはベイスターズNo.1なので打撃が復活すればレギュラー候補筆頭は間違いありません。ガッツマンの意地の復活を期待しましょう。


♯3 梶谷隆幸選手

★2019年:打席数110、打率.215、安打数20、本塁打5、打点15、盗塁3

2013年の後半戦に打撃が開花。77試合で打率.346、16本塁打という成績を残し、2014年には盗塁王を獲得。リストの強さでスタンドにボールを運ぶ、トリプル3も可能な背番号3です。

とはいえ梶谷選手は三振が多いので実際に高い打率を残すのには課題が多いタイプですが、何よりも怪我や故障が多くフルシーズンの出場が少ない点がもどかしいですね。

梶谷選手には元々「内角ストレート」という弱点があるため内角攻めが多く、時に当たりどころの悪いデッドボールとなり離脱してしまいます。

2016年のCSでは、ファーストステージ第3戦の巨人戦で受けた左薬指の骨折を押して、マツダスタジアムでのファイナルステージに全試合出場。第3戦で新井貴浩のファウルゾーンへのフライをフェンスに激突しながら飛び込んでキャッチするプレーは普段表情に出さない梶谷選手の静かな闘志を感じました。

また2019年は代打で出場することが多かったですが明らかに相手チームへのプレッシャーとなっていました。シーズン通して出場すればホームラン20本、30盗塁もまだまだ望める選手です。2018年オフに手術した肩も万全となればチーム内争いでその経験に勝るものはありません。

プロのキャリアとしてはベテランの域に差しかかってきただけに、今後は梶谷選手の存在がベイスターズの心の支えになります。


♯52 細川成也選手

★2019年:打席数83、打率.222、安打数16、本塁打1、打点10

身体的ポテンシャルはチーム随一。入団時から体格やパワーは18歳とは思えないほど、とラミレス監督も評価。

実際に2017年シーズン終了間際の一軍公式戦デビュー時には初打席でバックスクリーン直撃の3ランホームランを放ち、翌日もスタメンで起用されると決勝の2号ソロホームランを叩き込むなど、打撃センスの高さを存分に見せつけました。

高卒ルーキーが初打席でホームランを放つとどうしても筒香選手と重ねてしまいます。

また2019年シーズンで印象的だったのは、試合の流れを読みしっかりとボール球を選んで出塁していた点です。自分のバットで決めたいだろうな、と思える場面でもしっかりとフォアボールを選んで出塁し、勝利へのお膳立てをしてくれた姿にバッターとしての成長を見ました。

2018〜19シーズンは主に二軍での出場を中心に評価できる成績を残したので、今度は一軍での活躍が期待されます。


♯37 楠本泰史選手

★2019年:打席数81、打率.208、安打数15、本塁打1、打点6

2019年は細川選手よりも打席数としては2打席少ないものの出場試合数は3試合多いですね。

オープン戦で彗星のように現れた首位打者としてシーズンも期待がかかりました。

特に交流戦の横浜スタジアムで行われた西武戦でヒース投手から放ったプロ1号となる代打逆転満塁ホームランは現地で見ていましたが興奮しました。おそらく速球が来ることを読んでいて、そしてやや外角のボールを引っ張らずにレフトスタンドに流し打った見事な一発。楠本選手のバッティングの技術が詰まっていました。

一軍のピッチャー相手にコンスタントに打つという部分ではまだ課題がありますが、すでに応援歌も作られているファンからの期待も大きい若武者です。


♯63 関根大気選手

★2019年:打席数27、打率.038、安打数1

気づけば2020年シーズンで7年目に入るんですね。苗字も一緒なのでドラフトで指名された時から注目し応援しています。

2015年の開幕戦では巨人・沢村拓一投手から代打ホームランを放つなど大きなインパクトを見せてくれました。しかし「二軍ではやることがない」と言われながらもここ数年は一軍で結果を残せずに苦しんでいます。

2019年オフはメキシコのウィンターリーグに参加し、大きな収穫を得て帰国しました。前年に乙坂選手が参加し、一軍で結果を残してくれただけに余計に期待がかかりますね。

2020年シーズンに賭ける想いは人一倍強いはずです。ファンも関根選手が一軍のグラウンドでさらに輝く日を待っています。




開幕スタメン外野手に最も近いのはこの選手

さて、これらの選手たちの中からラミレス監督はどのようなラインアップで開幕に臨むのか。

もちろんそれは春季キャンプとオープン戦を見て判断すると思いますが現状でスタメン外野手に最も近いのはこの選手ではないでしょうか。


まず2人は神里選手と佐野選手

神里選手は昨年の経験がありますので1番センターでの起用は見えています。

一方、佐野選手の2019年は相手ピッチャーの左右に応じた起用法でした。先発が左投手の場合は、左打ちの佐野選手は控えスタートで、終盤に右投手のセットアッパーが出てきた時の代打の切り札として使われていました。

ですが2020年シーズンからチームのキャプテンに就任した佐野選手はラミレス監督からの期待度が大きいです。恐らく佐野選手を4番に座らせることを想定してキャンプに臨むでしょう。

4番はピッチャーの左右に応じて起用を変えてはいけません。佐野選手には左投手相手でも一定の打率を残すことが命題となるでしょう。それが厳しい場合は右打ちの桑原選手との併用になると思われます。


もう一枠は梶谷選手が有力

有力というか元々レギュラーですからね。本来のパフォーマンスを春先から見せてくれればライトは梶谷選手で決まりしょう。

もちろん乙坂選手、細川選手、楠本選手、関根選手も割って入る存在ですが、乙坂選手以外は開幕一軍を掴み取ることが課題となるでしょう。

ラミレス監督の言うスタメンは「=レギュラー」ではありません。

レギュラーは与えられるものではなく自分で掴み取るものだと言っています。言わばスタメン起用はレギュラー獲得のためのチャンスであり一つの通過点なのです。

数年前までは、筒香選手が怪我等で抜けた際のベイスターズ打線は迫力に欠けると言わざるを得ませんでしたが、今はそうは思いません。

2019年に成長した選手がさらなる信頼を勝ち取り、元々レギュラーを張っていた梶谷選手、桑原選手が復活すれば、筒香選手の穴を埋めるどころか、それ以上の外野陣を形成するでしょう。


こちらの記事もあわせてどうぞ

-横浜DeNAベイスターズ
-, , , ,

Copyright© ナナヨミ ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.