日記

【担々麺日記】銀座「175°DENO担担麺 GINZa」

こんにちは。

先日は銀座にある「四川担担麺1841」をご紹介しました。

しかし銀座で担々麺と言えば、ひとつ有名なお店があります。

ということで、今回も銀座にある「175°DENO担担麺 GINZa」に行きました。

こちらは札幌発の担々麺専門店です。
地方にも数店舗あり、都内でも4店舗展開しているようですね。その銀座店です。

銀座と一口に言っても広いのですが、このお店は銀座一丁目の交差点から一本裏通りを入ってすぐのところにあります。
しかし銀座に詳しくない自分はスマホで何度も地図を確認しながら行きました。

銀座には「並木通り」「すずらん通り」「みゆき通り」など縦横に通りの名前があるのですが、このお店は「銀座ガス灯通り」という通りの一角にあります。
なんともレトロな雰囲気の名前ですね。
もっとも通りの名前を出したところで銀座通しかわからないので地図はこちら。

営業時間
11:00-15:00 / 16:00-20:00

そのガス灯通りを1分もかからないくらい歩いていくと、こちらの看板が見えます。

写真は「食べログ」(by 9999999Y)よりhttps://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13216879/dtlphotolst/4/smp2/

このアングルだと上の階なのかと思いますが、見えている階段の手前に下階段もあり、お店は地下一階になります。

そんな雑居ビルの地下なのですが扉を開けて中に入ってみると、外観のイメージとは違いモノトーンを基調にしたモダンで清潔感のあるとても落ち着く雰囲気です。

入店してまず目につくのは壁に面したカウンター席と調理場に面したカウンター席、その奥にテーブル席があります。細長く奥に広がる店内のため、限られたスペースの中で頑張って席作りをした感じです。

まずオーダーは食券制。今回は「汁なし担々麺」で。
汁ありも含め担々麺は辛さとシビれが選べるのですが、初めてのお店なので全て普通で。
調理場に面したカウンター席の一番奥に案内され、麺の量が150gか200gを選べるということで200gに。

時間は14時半頃でピークは過ぎている時間のため10分足らずで到着。

もう少しきれいに撮れるよね。。

お店のロゴ入りの器はおしゃれな形。
たっぷりの肉味噌の他にカシューナッツも乗り、その上からふりかけられた花椒の匂いが食欲をそそります。

まずは早速まぜまぜするのですが、モチモチしている麺のためまるで釜玉うどんを混ぜている感じ。しかし、そんなこのモチモチ麺を早く味わいたいという衝動で無心でまぜしました。

よく混ざったところで早速一口。
見た目どおりのモチモチ感ですが、いざ口に運んでみるとタレのよく絡んだ麺が割とスルスルと入ってきます。

辛さとシビレはレベルを普通にしているためとても心地いい感覚。
自分は元々辛さもシビれも普通より一段階くらい強めの方が好きなのですが、今回は味わいを優先して普通にしているのでタレの旨味を一口一口味わいながら食べ進めました。
またカシューナッツも大粒なので食感も風味もGood。
一気に食べ進めて完食しました。

ほど良い辛さとシビレが残ったまま店を出て階段を上り外に出ると、ほんのり汗が浮かんだ顔がさらにスッキリした感じになりました。

今度は辛さもシビレもレベルを変えて食べに来たいと思います。

ごちそうさまでした!

こちらの記事もあわせてどうぞ

-日記
-, ,

Copyright© ナナヨミ ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.