レシピ

シェーキーズのフライドポテト再現【秘伝なのに簡単】

こんにちは。

横浜は朝から雪。
コロナウイルスの影響により神奈川県も外出自粛要請となっていますが、これは普段の休日でも自粛しますね。

そこで今日は、かねてより作ってみたかった
シェーキーズのフライドポテトを作りました!

シェーキーズはご存知の通り、アメリカンタイプのクリスピーピザをバイキング形式で食べられるお店です。
行ったことがある方はお分かりだと思いますが、ここのフライドポテトはファストフードやファミレスでは食べたことないタイプのフライドポテトなのです!

あの味が忘れられず、またシェーキーズ行きたいな…と思っていた矢先に、なんと公式アカウントでのレシピ公開を見つけました。


どうやらお手軽に作れそうなので作るタイミングを考えていたところ、外出自粛の状況となったのもあり作ってみた次第です。
※上記を参考に他の方のブログやクックパッドでも紹介しているようなレシピで作っています。写真はオリジナルです。

材料

  • じゃがいも: 適量
  • から揚げ粉: 100グラム
  • 黒胡椒: 適量
  • 揚げ油: ご使用の鍋に合わせて適量

ほとんど適量です。。
ちなみに雪は天気予報で知っていたので前日買っておきました。

作り方

①じゃがいもを洗ってカット

じゃがいもは皮付きで揚げるため、表面を水で洗ってからカットします。
一口で食べられる手頃な大きさが特徴なので8〜9mm程度の輪切りにします。1cmだと厚いですね。

輪切りで一口サイズならメイクイーンが一番いいです。
小学生の頃に8mmの方眼のノートをよく使っていたので、マス目の間隔を思い出しながら切りました。

②レンジでチン(5分間)

軽く水気をとったらレンジで使えるお皿に並べ、ラップをかけてレンジへ。
公式レシピに書いてある700Wはなかったので600Wで5分間にしました。

③から揚げ粉の準備

から揚げ粉1袋に黒胡椒と塩を適量加えます。

④じゃがいもにから揚げ粉をまぶす

レンジから取り出したばかりのじゃがいもは熱々なので気をつけてください。
またじゃがいも同士がでんぷんでピタッとくっついてしまうので、剥がしながら1つ1つ丁寧にまぶしましょう。

⑤170℃の油で5分間揚げる

から揚げや天ぷらみたいに厚みのある食材を揚げるわけではないので、フライパンにしました。
大体深さ1cmくらいまで油を入れます。
温度計のない場合は菜箸を入れて気泡がすぐにたくさん出るようになったら170℃の目安です。

170℃になったら衣をまとった黄金聖闘芋(読み方不明)を投入します。
全部入れると油がかさ上げされるので最初の深さは1cmで丁度よかったです。

5分経つとこんな色です。そろそろいいですね。
実物のシェーキーズのフライドポテトもこんな色でした。

⑥完成!盛り付け

できました!
実物と比べてどうなんでしょう?
とりあえずフライドポテトとしてはいい感じの見た目です。

何となく串に刺してテイクアウトな感じにしてみました。

実食

口に入れた瞬間に衣のスパイスが口いっぱいに広がって、めちゃくちゃ美味しかったです!(月並みな感想ですみません…)

つくづく、から揚げ粉の有能さを思い知りました。

でも実物と比べるとどうなんでしょうかね?
そもそも使っているじゃがいもがメイクイーンではないと思います。
もっとも市販のから揚げ粉を使っているはずないので、ここが秘伝でしょうね。

それでも、冒頭で述べたように、ファストフードやファミレス、また冷凍食品では食べたことないタイプの美味しいフライドポテトでした!

番外:カレー風味に挑戦

まだ衣とじゃがいもが残っていたのでカレー粉を入れて作ってみました。

カレー粉が焦げやすかったのと、思ってたほどカレー味になりませんでした。
やはりファストフードのフレーバーポテトのように後からスパイスを加えるのが良さそうです。


・・・・・・


いかがでしたか?

クックパッドにはすでにシェーキーズ風フライドポテトとして何レシピも載っていたので、もっと早くに知っていればなと思いました。

これは本当にビールでもサワーでもハイボールでも合いそうです。

ぜひ1度お試しを。

※とはいえまたシェーキーズに行きたい!あのピザとパスタとポテトを食べたい!


こちらの記事もあわせてどうぞ

-レシピ
-, ,

Copyright© ナナヨミ ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.